植込型補助人工心臓による重症心不全の治療(VAD)

心臓は全身に血液を循環させるポンプとして の役割を果たしています。この機能が低下して いくと、息切れがひどくなったり、体がむくん だり、肝臓などの重要な臓器の機能が落ちてい きます。このような状態が心不全です。 心不全の治療には、さまざまな種類がありますが通常の治療では改善が難しい場合に、心臓 のポンプ機能を補う目的で補助人工心臓を装着 する手術が国内でも行われるようになっています。図は、現在、国内で使用されている機種の例です。機種により装着した状態で退院、社会復帰も可能となっています。この治療法は、保険で認められており、心臓移植までの橋渡しとして位置付けられ、当院は心臓移植指定施設である東北大学と緊密に連携しています。

岩手県内では、この治療が受けられるのは当院のみで、補助人工心臓実施施設の認定を受けています。

 

サイトマップ(サイト内ページ一覧)

個人情報の取扱いについて

▲上に戻る

▼サイトマップ