岩手県立中央病院の特色

当院は、「高度急性期医療を推進する県民に信頼される親切であたたかい病院」の基本理念のもと、県立病院のセンター病院として県全域を対象とした高度で専門的に医療や24時間の救急医療の提供に努めるとともに、確かな伝統と実績をもって研修医の臨床研修を行っています。

また、本県医療の確保のため、医師が不足している他病院への診療応援を実施するほか、医療法に定める地域医療支援病院として地域の医療機関と役割分担・連携を進めています。

【Ⅰ 良質な医療の提供】

―高度急性期医療の推進と「顔の見える連携」の強化―

1 がん診療機能等の充実

全国がんセンター協議会加盟病院(国立がんセンター等全国32病院)、岩手県の地域がん診療連携拠点病院として、がん診療機能の充実を図っています。

また、岩手県の地域周産期母子医療センター、肝疾患専門医療機関、エイズ治療拠点病院、日本医療機能評価機構認定病院、各学会の認定施設など各分野の診療機能の充実を図っています。

2 チーム医療による診療センターの設置

チーム医療による診療センターを設置し、機能的に連携した専門医療を提供しています。

  • 消化器センター(消化器内科、消化器外科、内視鏡科)
  • 循環器センター(循環器内科、心臓血管外科)
  • 脳神経センター(神経内科、脳神経外科)
  • 呼吸器センター(呼吸器内科、呼吸器外科)
  • 腎センター(腎臓・リウマチ科、泌尿器科)
  • 小児、周産期センター(小児科、小児外科、産婦人科)
  • 病理診断センター(病理診断科)
3 地域医療福祉連携の推進

地域の医療資源が限られている中、切れ目ない医療を安心して受けていただくため、当院は岩手県の地域医療支援病院として各医療機関と役割分担し、連携を進めています。

当院は地域の中で、高度急性期医療(緊急・重傷な症状への対応や専門的な治療、精密検査、救急車の受入れなど)を行う役割を担っています。

風邪などの日常的な病気の場合はお近くの診療所(かかりつけ医)を受診しましょう。当院を受診される場合は、かかりつけ医に当院受診の予約をとってもらい、紹介状をお持ちいただくことをお勧めいたします。紹介状をお持ちの場合は、紹介外初診時負担金のご負担がありません。また紹介状をお持ちの方を優先して診察いたします。

また、当院での専門的治療の結果、症状が安定した場合は、患者さんの希望に沿った形で地域の連携医療機関をご紹介させていただきます。

【Ⅱ 優れた医療人の養成】

―院内研修教育の充実と働きやすい職場環境の整備―

  • 職員のキャリアデザインに応じた計画的人材育成を推進しています。
  • ワークライフバランスの実現に向けた、働きやすい職場環境の整備(職員満足度の向上)に取り組んでいます。 

【Ⅲ 地域医療機関への診療支援】

―「あまねく医療の均霑(創業の精神)を実践」―

 本県医療の確保のため、年間延べ3千日に及ぶ他県立病院・公的病院に対する専門外来や日直、当直の診療応援をはじめ、画像転送システムを活用した術中迅速病理診断や放射線画像読影による遠隔診断などの支援を行っております。

【Ⅳ 救急医療の充実】

―救急患者を断らない24時間救急医療体制の実施―

診療には全診療科医師が交代で当たり、当日、当直に当たっていない科の医師は、いつでも病院に駆けつけられるようオンコール体制をとっています。

脳及び循環器疾患は治療に緊急を要するため、専門の当直をそれぞれ1名配置し、重症疾患に対応するICU医も24時間体制で対応しています。

なお、当院は臨床研修指定病院のため、指導医のもと初期研修医も初期診療を担当し、臨機応変に対応できる優秀な医師育成を目指しています。

 

・7~9名の当直医と全診療科のオンコール制による救急車を断らない救急体制
・特に緊急性の高い脳疾患・心臓疾患に対する24時間体制
・140台のPHSによる、かかりつけ医・救急隊とのダイレクトコールによる迅速な救急対応

【Ⅴ 災害医療体制の整備】

―地域災害拠点病院としての機能の充実―

岩手県の地域災害拠点病院として、災害医療体制の強化及びDMAT 派遣体制の充実を図っています。

【Ⅵ 臨床研修体制の充実】

  • 35年以上前から総勢300名を超える研修医を育成しており、確かな実績と伝統があります
  • 「病院全体で研修医を育てる」整った環境
  • 現在の新臨床研修制度に先がけ1987年からスーパーローテート方式を採用、伝統と実績に裏づけられたプログラム
  • 屋根瓦方式による厚い指導体制の『救急医療研修』とともに、地域医療研修による『総合診療(プライマリケア)能力の修得』を重視
  • 初期研修修了後、新専門医制度による専攻医など各後期研修コースも準備 

【Ⅶ 健全で効率的な病院運営】

―1 将来を見通す病院経営マネジメントの確立―
  • Double Winner(岩手県立中央病院5ヶ年計画)の実践
  • DPCⅡ群病院としてデータ有効活用による診療情報、経営情報の分析推進など
―2 充実した患者サービスの実施―
  • かかりつけ医からのFAXによる診療予約制
  • 紹介状を持参した新患の優先診療や紹介状を持っている患者の電話予約受付
  • 再来患者の診療予約制及び電話による診療予約日変更
  • 電子カルテシステム
  • 院外処方箋の発行(全科)
  • 受付、ナースステーション等のオープンカウンター方式
  • 病棟に患者食堂(面会室)を設置
  • 適時適温給食
  • 七夕コンサート・クリスマスコンサートの実施
  • 庭園、散策路、BGM放送
  • 敷地内全面禁煙
  • 来院者用コインロッカー
  • 投書に対する回答の院内掲示
  • 患者に図書室を開放、患者に図書の貸出し、外来用図書(ひまわり文庫)、患者用図書室【ひまわり図書室~医療情報プラザ】の設置
  • 小児科外来待合室に本の読み聞かせコーナー設置(ボランティアの会)
  • 患者用クリティカルパス
  • ホームページの設置、外来紹介ポスターの掲示
  • 院内での携帯電話の使用(ICU等禁止区域あり)
  • 現金自動支払機の設置、クレジットカードによる医療費の支払い
  • 診断書受付コーナー設置
  • 患者用Wi-Fiの提供

サイトマップ(サイト内ページ一覧)

個人情報の取扱いについて

▲上に戻る

▼サイトマップ