呼吸器センター

当呼吸器センターでは主に肺の病気を中心に診療を行っております。肺がんなどの悪性疾患では、呼吸器内科・外科に放射線科を併せた集学的な診断と治療が必要となることが少なくありません。そのような状況を踏まえて、各診療科の垣根を越えた密な診療連携が必要であるとの認識から、従来よりこのようなセンター制のシステムをとってきました。センター内の定期カンファレンス(毎週)として呼吸器内科・外科・放射線科による3科合同検討会を行い、個々の患者さんに最適な治療方針を決めています。また呼吸器センターとして呼吸器内科・外科の入院病棟を一つにすることで、診断から治療まで迅速かつ適確に移行できるようにしています。

当センターが診る呼吸器疾患は、肺がんなどの悪性腫瘍を始めとして、肺気腫・気管支喘息といった慢性呼吸器疾患、気胸などの嚢胞性疾患、肺炎・非結核性抗酸菌症・肺真菌症などの感染症、間質性肺炎などのびまん性肺疾患、そしてこれらの諸疾患に伴う慢性あるいは急性の呼吸不全等、非常に多岐に渡っています。このような多種多様な病態に対応するため、当センターでは医師、看護師、薬剤師、理学療法士、臨床工学技士、ケースワーカーなどの多職種のメディカル・スタッフが連携・協力して、患者さん一人一人の病状に合わせた医療を実践しています。さらに肺がん診療においては患者さんの社会生活の継続を大切にした外来化学療法などを積極的に行っています。

これからも院外の医療施設との充実した前方/後方医療連携によって、より早い診断と治療そして治療後のケアを円滑に進め、きめ細かいフォローアップに努めていきます。

 

 

 

サイトマップ(サイト内ページ一覧)

個人情報の取扱いについて

▲上に戻る

▼サイトマップ