メガメニューの作り方

LinkIcon腎臓リウマチ科論文一覧(英文のみ掲載)
LinkIcon腎生検の組織例
LinkIcon腎臓リウマチ科臨床指標H28

診療科名変更のお知らせ

 平成28年4月1日より、「腎臓内科」から「腎臓リウマチ科」と科名が変となりました。
 元国立国際医療研究センター病院膠原病科の三森明夫先生(若手医師の膠原病診療のテキスト「膠原病診療ノート」著者)をお迎えして、これまで腎臓内科、呼吸器内科で診療していた関節リウマチをはじめとする膠原病の患者さんを一括して「腎臓・リウマチ科」で診療することになりました。
 岩手県の膠原病診療をさらに充実させていきたいと考えていますので、よろしくお願いいたします。


氏名
三森 明夫(みもり あきお)
役職名
参与
出身大学(教室)・卒業年
東京大学(東京大学物療内科)・昭和56年
所属学会・資格等
日本リウマチ学会(専門医・指導医・評議員)、日本内科学会(認定医)、日本臨床免疫学会、日本アレルギー学会、日本感染症学会
氏名
相馬 淳(そうま じゅん)
役職名
副院長、地域医療支援部長、腎臓リウマチ科長
出身大学(教室)・卒業年
東北大学(東北大学第2内科)・昭和60年
所属学会・資格等
日本腎臓学会(専門医・指導医・評議員)、日本内科学会(認定医・指導医)、日本腎臓リハビリテーション学会(代議員)、日本透析医学会、日本リウマチ学会、国際腎臓学会、日本医療マネジメント学会、日本クリニカルパス学会、東北大学医学部臨床教授、岩手医科大学非常勤講師、日本CKD対策協議会県代表
氏名
中屋 来哉(なかや いざや)
出身大学(教室)・卒業年
東北大学・平成11年
所属学会・資格等
日本内科学会(総合内科専門医・認定医・指導医)、日本腎臓学会(専門医・指導医・評議員)、日本透析医学会(専門医・指導医)、日本リウマチ学会(専門医・指導医・評議員)、米国腎臓学会、国際腎臓学会、米国リウマチ学会
氏名
吉川 和寛(よしかわ かずひろ)
出身大学(教室)・卒業年
弘前大学・平成15年
所属学会・資格等
日本内科学会(総合内科専門医・認定医・指導医)、日本腎臓学会(専門医・指導医・評議員)、日本透析医学会(専門医・指導医)、日本リウマチ学会、日本腹膜透析医学会、日本臨床腎移植学会、米国腎臓学会
氏名
後藤 泰二郎(ごとう たいじろう)
出身大学(教室)・卒業年
獨協医科大学・平成20年
所属学会・資格等
日本内科学会(認定内科医)、日本救急医学会(救急専門医)、日本腎臓学会、日本透析医学会、日本集中治療学会
氏名
小山 純司(おやま じゅんじ)
出身大学(教室)・卒業年
愛知医科大学・平成21年
所属学会・資格等
日本内科学会(認定内科医)、日本腎臓学会(腎臓専門医)、日本透析医学会、日本リウマチ学会
氏名
諸岡 瑞穂(もろおか みずほ)
出身大学(教室)・卒業年
東北大学・平成27年
所属学会・資格等
日本内科学会、日本腎臓学会、日本透析医学会
氏名
矢坂 健(やさか けん)
出身大学(教室)・卒業年
東北大学・平成27年
所属学会・資格等
日本内科学会
氏名
伊藤 貞利(いとう さだとし)
出身大学(教室)・卒業年
東海大学・平成27年
所属学会・資格等
日本腎臓学会、日本内科学会、日本透析医学会


◆診療内容・専門分野
 腎臓・リウマチ科となってから2年目を迎えました。昨年1年間で、これまでの腎臓内科の診療に加え、関節リウマチを中心とする膠原病疾患、原因不明の発熱・関節痛・筋肉痛を訴える患者さんの診療が飛躍的に増加しました。腎疾患に関しては、慢性糸球体腎炎、血管炎症候群(急速進行性糸球体腎炎)、ネフローゼ症候群、糖尿病腎症を代表とする二次性腎疾患などを、発症時の診断・治療から慢性期の治療・管理、腎代替療法の導入とそれに伴うトラブルへの対応(シャントPTA、VAIVT、PD腹膜炎治療)をしっかり行ってまいります。膠原病及び類縁疾患では、最も多いのは関節リウマチですが、全身性エリテマトーデス、シェーグレン症候群、強皮症、皮膚筋炎などの他、原因不明の発熱、関節痛、筋肉痛などに広く対応してまいります。

◆当科の目指す診療内容
 常勤スタッフは6名です。それに加え、これまで1-2名であったレジデントを今年度は3名に増やしました。常勤スタッフは4名が腎臓専門医(うち3名が指導医)、3名が透析専門医(うち2名が指導医)、リウマチ専門医が2名(いずれも指導医)とスタッフは充実しています。
 しかし、岩手県内の腎臓専門医、リウマチ専門医は非常に少なく、腎臓病、膠原病と」考えられる疾患をもつ患者さん、そしてそれらの診療に当たる先生方は困られることも多いかと思います。そこで、当科は日常の診療を通して若い腎臓あるいはリウマチ専門医を育成することを常に意識しております。そういう姿勢で臨むことにより腎臓あるいは膠原病を学ぼうとする若い医師が常に当科に集まるようになれば、岩手県内の腎臓病、膠原病診療のすそ野が広がっていくと考えております。諸先生が紹介してくださる患者さんを日々診療することが岩手県の医療の充実に繋がっていくという思いで診療しておりますので、腎臓病、膠原病、そして病態がよくつかめない場合などご遠慮うなさらずご紹介いただけましたら幸いです。

◆診療実績
 リウマチ外来診療:2016年4月に標榜された。月〜金(毎日)新患・予約の別なく受け入れている。月間来院数(延べ人数)は、4月の9例/月から漸増を続け、11月から250例/月を越えた。定期通院者(実数)は、年度末(2017年3月)の時点で、約350人となった。疾患内訳(患者実数):関節リウマチ/RA 119、SLE 36, 原発性シェーグレン症候群 27, 血管炎症候群 25, リウマチ性多発筋痛症 22, 強皮症 18, 筋炎(多発性筋炎・皮膚筋炎・ARS抗体症候群)17, MCTD 15, Still病 12, ベーチェット病 8, 脊椎関節症 4, RS3PE 6, サルコイドーシス 2, 再発性多発軟骨炎 2, 掌蹠膿疱症性関節炎 2、乾癬性関節炎 2、その他36(炎症性疾患、感染症など)
 リウマチ膠原病の入院診療および研修教育:本年度1年間、リウマチ外来経由ないし即入院のリウマチ膠原病の入院(延べ人数)は、90例(腎臓リウマチ科の総入院数の1割)であった。病床占有率が、これより多い平均25%である理由は、腎疾患入院例に比べ在院日数が長いためである。元々、腎臓内科で治療しているANCA関連血管炎、ループス腎炎例も加えると、膠原病入院例は135件であった(RAに偶発した原発性ネフローゼ例などはRA入院に算定していない)。研修医を含めた膠原病回診を毎朝(月〜金)8:15から約20分、膠原病読書会を木曜17~18時に行なっている。 
 リウマチ膠原病の紹介元、および診療内容の考察:すべての依頼例を受け入れている。おもに岩手県内の県立病院、内科および整形外科クリニックから、他一部は岩手医大、日赤、少数例が青森・秋田県の病院・医院、東北大など。遠方では、旭川医大病院から転院1例(SLE)があった。疾患の多様性、重症・診断困難例を含むことは、大学病院と同程度である。中枢神経障害、呼吸不全など重症入院を含んだが、本年度の死亡例は0であった。外来において、RAの比率が膠原病全体よりも低い理由は、盛岡市内のリウマチ専門整形外科医がRA診療の殆どを担ってきたためと考えられる。一方で当科には、呼吸障害が関節炎に先行した特異なRA症例が集積しており、都内の専門病院で新患が年に2-3例という希少疾患(リウマチ性多発筋痛症+RS3PE)が本年度25人初診したなど、紹介バイアスが掛かっているようであり、すでに通常のリウマチ診療科を越える専門科になりつつある。

診療日 月曜日~金曜日 
     午前 8:30~11:00
※各科の診療スケジュールをご確認のうえ受診してください。

※急患はいつでも受付をいたします。

TEL:019-653-1151(代表)
FAX:019-653-2528
E-mail EA1001@pref.iwate.jp

岩手県盛岡市上田1-4-1

sp.gif

dog.pngdog.png

kenkou.pngkenkou.png
himawari.pnghimawari.png

cafe.pngcafe.png
fureai.pngfureai.png