メガメニューの作り方


氏名
加藤 誠之(かとう さとし)
役職名
がん化学療法科長
出身大学(教室)・卒業年
東北大学(加齢医学研究所、癌化学療法研究分野(東北大学病院、腫瘍内科))・平成3年
所属学会・資格等
日本臨床腫瘍学会(がん薬物療法専門医・指導医・協議員)、日本内科学会(認定内科医・総合内科専門医・指導医)、日本がん治療認定医機構(がん治療認定医・暫定教育医)、日本消化器病学会(消化器病専門医・指導医)、日本消化器内視鏡学会(消化器内視鏡専門医)、米国癌学会(正会員)


 当科は2006年4月に開設されました。今年で12年目にあたります。当科が開設されてから、症例数の増加に伴って、外来化学療法室が手狭になり、2006年当時の8床から、12床、18床と徐々に増床し、2010年には、30床の外来化学療法室が新設されるに到っています。
現在の施設は、パーテーションで仕切られた、庭に面した明るい化学療法室となっています。がん化学療法科は、新外来棟にあって、外来化学療法室に面しており、毎日、外来化学療法を行っています。

 開設以来、2000名弱の新患紹介をいただき、主に消化器癌の化学療法の分野を担当しています。その一方で、原発不明癌や肉腫などの化学療法も担当しています。科学療法件数が増加しただけでなく、適宜、当科での治療成績の確認を行っていますが、世界水準の化学療法成績を上回る治療成績となっております。当科では、プロセス評価(治療選択)だけでなく、実際の治療成績を検証しながら治療成績の改善を常に目指すことが重要と考えています。また、膵癌の放射線化学療法や、食道癌の術前化学療法など、先端領域も取り入れて治療の充実に努めております。

 開設当初は、がん化学療法に特化した看護師、薬剤師の専門職も揃っておりませんでしたが、現在では、がん化学療法認定看護師、がん看護専門看護師、がん専門薬剤師、がん化学療法認定薬剤師といった専門性の高いスタッフにも支えられて、質の高い医療が提供できるように努力しているところです。日々の努力により、最適な化学療法を、できるだけ副作用を軽減して、日常生活を続けながら行えるように心がけています。

 新渡戸稲造記念 がん哲学外来、メディカル・カフェといった取り組みを行っており、がんの再発、治療変更などの際での精神面からのサポートに力を入れております。メディカル・カフェは、お茶を飲みながらの和気藹々とした雰囲気ですが、そういった中で、患者さん同士が、お互いの心情を理解しあったり、励ましあう姿が印象的です。
医療スタッフも、普段着感覚で相談に当たっております。当院全体での取り組みとして、毎月、開催されておりますので、気軽にお立ち寄りください。

 スタッフと患者さん、ご家族とのコミュニケーション・ツールとして、毎月、ニュースレター「ほほえみ」を発行しており、新薬の承認情報や、化学療法中の日常生活上の注意、スタッフの紹介などを行っております。バックナンバーは、このホームページから見ることができます。お時間のある際にでも、ご覧になっていただければ幸いです。

当科の外来診療

 充分な時間を割き、正確な診療情報の提供とインフォームドコンセントを徹底します。説明内容は書面で患者さんへお渡ししています。当科専門領域のセカンドオピニオンの要望にも対応します。

胃癌
ティーエスワン+シスプラチン療法、カペシタビン+シスプラチン+トラスツズマブ療法など。
タキサン系やイリノテカンを用いた2次治療以降の実施も多く、治療成績が向上しています。
大腸癌
mFOLFOX6 or XELOX ±ベパシズマブ療法、mFOLFIRI or IRIS ±ペパシズマブ療法。
mFOLFOX6 or XELOX ±抗EGFR薬(セツキシマブ、パニツムマブ)
mFOLFIRI or IRIS ±抗EGFR薬(セツキシマブ、パニツムマブ)
レゴラフェニブ療法、ロンサーフ療法
また肝動注療法の経験も豊富です。
食道癌
シスプラチン+5FU併用放射線化学療法、シスプラチン(ネダプラチン)+5FU療法など。
膵臓癌
ゲムシタビン療法、ティーエスワン療法
FOLFIRINOX療法
ゲムシタビン+ナブバクリタキセルエルロチニブ療法など。
局所進行膵臓癌へはゲムシタビン併用放射線化学療法を行っています。
胆道癌
ゲムシタビン+シスプラチン療法、ゲムシタビン療法、ティーエスワン療法、など
胚細胞腫瘍
BEP療法もしくはEP療法を選択しています。
軟部肉腫
アドリアマイシン+イフォマイド療法を第一選択にしています。
パゾパニブ療法、+トラベクテシン療法、エリブリン療法など
原発不明癌
病理組織の免疫染色結果に応じて治療を行っています。
神経内分泌癌
病理組織学的進行度に応じてソマトスタチンアナログ療法やEP療法/IP療法などを行っています。

その他、泌尿器領域の腫瘍、神経内分泌細胞癌、原発不明癌などの稀な固形腫瘍の化学療法も担当しています。



診療日 月曜日~金曜日 
     午前 8:30~11:00
※各科の診療スケジュールをご確認のうえ受診してください。

※急患はいつでも受付をいたします。

TEL:019-653-1151(代表)
FAX:019-653-2528
E-mail EA1001@pref.iwate.jp

岩手県盛岡市上田1-4-1

sp.gif

dog.pngdog.png

kenkou.pngkenkou.png
himawari.pnghimawari.png

cafe.pngcafe.png
fureai.pngfureai.png