(岩手県)地域医療研修センターの概要

1 活動内容

県内の医師及び医療従事者を対象とした学会・研修会等を開催

昭和62年、当院が移転時に地域医療部を立上げて設置し、その後、厚生省で全国の臨床研修指定病院等に「地域医療研修センター」の設置を行い、補助事業が3年間で終了した後も、岩手県には当該センターが是非必要とのことから、医療局・医師会等の支援のもと、活動を継続してきたものである。

  1. 医療従事者の研修受け入れ
  2. 研修用医学図書の整備
  3. 医療講演会の開催
  4. 各種学会・研修会の開催
    • 県立病院医学会と県内診療科別医師研究会等との合同研修会の開催
    • プライマリーケアセミナー及び院内カンファレンスの開催
    • 岩手県PTLS講習会の開催

2 事業運営について

 当該センターの構成団体は次のとおり

  1. 岩手県医師会           
  2. 全国自治体病院協議会岩手県支部  
  3. 岩手県自治体病院開設者協議会   
  4. 岩手県医療局             

3 組織(県立中央病院長が委嘱)

平成29年度地域医療研修センター活動状況

平成29年度 岩手県PTLS講習会開催報告

JCHO総合診療研修顧問 箕輪 良行先生を中心に、院内外より19名の先生方を講師に迎え、岩手県の全医師を対象に平成29年度岩手県PTLS講習会を開催いたしました。

  ○日  時:平成29年度11月18日(土)  8時00分~17時50分 

  ○会  場:第1会議室 (共通座学)
        大ホール等 (実技 Stは5ブース、OSCEは6ブースで実施)

  ○参加者: 共通座学及び実技受講者 31名
        共通座学のみ受講者      3名
        講 師         19名(院外講師11名 院内講師8名)
        タスク           5名 (盛岡消防3名 中央病院2名)      

        事務局          2名

        

 

サイトマップ(サイト内ページ一覧)

個人情報の取扱いについて

▲上に戻る

▼サイトマップ