看護部長あいさつ

私たちは患者さんの心に寄り添い
 安全であたたかい看護を提供します

高橋 明美  Takahashi Akemi 

 当院の看護部は、病院の理念や方針のもと、「患者さんの心に寄り添い安全であたたかい看護を提供いたします」という理念を掲げ、県民の皆さまへ安全で安心できる医療・看護の提供を目指して取り組んでおります。

 看護部理念の実現に向けては、大切な一人ひとりの看護職員が看護に楽しさを感じながら働き続けることができるよう、また、超急性期から緩和医療といった病院の機能や役割に専門職として対応していくことができるように、継続教育はもちろん、高い知識や技術をもつ特定行為研修の修了者、専門・認定看護師や各種の専門的資格をもつ看護職員の育成にも力をいれ看護の実践力の向上に努めています。

 当院では、平成30年4月から新たに「入退院支援センター」を設置しました。病気になり入院しても、住み慣れた地域で継続して生活できるよう、入院前から入院中、退院後までの切れ目のない支援を目指し、「確かな判断と適切な看護技術」「患者さんの生活の視点」「多職種チームや地域との連携」といった看護職の大切な力を発揮して、多職種で協働しながら取り組んでおります。                         

認定看護管理者                       

看護部長  高橋 明美

看護部の基本方針

岩手県立中央病院の看護職員としての責務を自覚し、変わることのない確かな「看護の真髄」を譲り育み、県民に信頼される質の高い看護を提供します。

  1. 私たちは、患者さんの権利を尊重し、安全であたたかい看護に努めます。
  2. 私たちは、専門職として時代と県民のニーズに答えられるように自己研鑽に務めます。
  3. 私たちは、チーム医療を推進し、病院機能を高めていきます。
  4. 私たちは、健全経営の意識を持ち安全で効率的な業務を推進します。
  5. 私たちは、自分たちの「看護の歴史」を大切に積み重ねていきます。
  6. 私たちは、看護職として広い視野を持ち社会的な活動に積極的に参加します。

サイトマップ(サイト内ページ一覧)

個人情報の取扱いについて

▲上に戻る

▼サイトマップ