乳腺・内分泌外科

  乳腺・内分泌外科長
大貫 幸二

    渡辺 道雄

   宇佐美 伸

   梅邑 明子

   高木 まゆ

   浅野 聡子

スタッフの紹介

氏名 大貫 幸二(おおぬき こうじ)
役職名 医療情報管理部次長、乳腺・内分泌外科長
出身大学(教室)・卒業年 東北大学(東北大学乳腺・内分泌外科)・昭和62年
所属学会・資格等 日本外科学会(外科専門医・指導医)、日本乳癌学会(乳腺専門医・指導医・評議員)、日本超音波医学会(超音波専門医)、日本がん治療認定医機構(暫定教育医)、日本乳癌検診学会(理事)、日本乳腺甲状腺超音波医学会(第35回総会長)、東北大学医学部臨床教授
氏名 渡辺 道雄(わたなべ みちお)
出身大学(教室)・卒業年 東北大学(東北大学乳腺・内分泌外科)・平成2年
所属学会・資格等 日本外科学会(認定医・外科専門医)、日本内分泌外科学会(内分泌外科専門医)、日本甲状腺外科学会、日本甲状腺学会、日本乳癌学会
氏名 宇佐美 伸(うさみ しん)
出身大学(教室)・卒業年 旭川医科大学(東北大学乳腺・内分泌外科)・平成11年
所属学会・資格等 日本外科学会(認定医・外科専門医・指導医)、日本乳癌学会(乳腺認定医・乳腺専門医・指導医)、日本乳癌検診学会(評議員)、日本乳癌画像研究会(世話人)、日本癌治療学会、日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会、日本乳腺甲状腺超音波医学会、東北大学医学部臨床准教授
氏名 梅邑 明子(うめむら あきこ)
出身大学(教室)・卒業年 東北大学・平成14年
所属学会・資格等 日本外科学会(専門医)、日本乳腺学会(認定医)、日本甲状腺学会、日本臨床外科学会、日本消化器外科学会、日本乳癌検診学会、日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会、日本甲状腺外科学会
氏名 高木 まゆ(たかぎ まゆ)
出身大学(教室)・卒業年 東北大学(東北大学乳腺・内分泌外科)・平成17年
所属学会・資格等 日本乳癌学会(乳腺認定医)、日本外科学会(外科専門医)、日本臨床外科学会
氏名 浅野 聡子(あさの さとこ)
出身大学(教室)・卒業年 山形大学・平成26年
所属学会・資格等
日本外科学会、日本臨床外科学会、日本乳癌学会

診療内容

乳腺外科:乳腺疾患(乳がん、良性腫瘍)

甲状腺外科:甲状腺疾患(甲状腺がん、良性腫瘍)、軟部組織腫瘍など

【乳腺外科】

乳癌は女性のがんの中で最も罹患率の高い癌です。救命のための第一歩は精度の高い乳がん検診の推進であり、院外においては県内のマンモグラフィおよび超音波検診の精度向上に努めています。院内では下記に重点を置いています。

1) 乳がんからの救命 - 高いレベルの画像診断を用いた低侵襲での正確な診断とともに、医学的根拠に基づく周術期の薬物療法の施行。

2) 乳がん患者さんのQOL向上 - 乳房温存療法(温存率80%程度)やセンチネルリンパ節生検、再発癌における個々の症例に応じた適切な治療、治療にあたっての問題点の相談と対処の施行

紹介された患者さんに対しては、初めにマンモグラフィの撮影が行われ(原則として30歳以上の有症状者)、マンモグラフィを読影しながら視触診と超音波検査を行い、必要があればその場で細胞診、組織診を行います。患者さんの不安な時間を少しでも短くするために、平日は毎日新患を受け付けており、その日のうちに病理検査以外の結果を説明しています。

乳癌の患者さんには、診断内容、手術術式、術後療法の説明に関して十分な時間を取っています。全例本人に告知し、治療方法の利益と不利益を説明し、納得された上でご家族とともに治療方針を決定しています。乳癌と診断された後の救命の機会は、適切な転移、再発を予防するための抗がん剤やホルモン療法です。外来に乳がん認定看護師が常駐しており、患者さんの悩みや心配事を聞き適切に対処できるように心掛けています。現在、外来化学療法センターで1日平均10名程度の化学療法を行っています。

【内分泌外科】

1)甲状腺疾患

甲状腺腫瘍性病変を中心に、バセドウ病など甲状腺機能障害の診断治療など甲状腺疾患全般を診療しております。
甲状腺癌では基本的に手術が治療の第一選択になりますが、微小癌から局所進行・遠隔転移を伴うものまで病状は多岐にわたり、個々の患者さんごとに最適な治療を提供すべく努力しています。総じて予後の良い疾患であるだけに手術合併症の軽減には最大の努力を払いつつ、進行癌では根治性とQOLに留意しながら周辺臓器の合併切除を必要とするような拡大手術にも積極的に取り組んでいます。
良性結節は基本的に経過観察としますが、悪性が否定できないものなどには十分なICの元で手術を考慮します。
甲状腺機能障害では、まず何より正確な診断を第一とします。疾患の中心であるバセドウ病では抗甲状腺薬等による薬物治療・放射性ヨード内用療法・手術による外科的治療の3つの治療法から、患者さんとの相談のもと最適な治療法が選択できるように努力しています。

2)副甲状腺疾患

原発性副甲状腺機能亢進症は、スクリーニング検査の増加も影響して無症候性のものを含め近年増加してきております。手術適応のある方も多いです。診断・治療などの診療全般に対応させていただきます。手術適応症例では局在診断をしっかりつけ、低浸襲で確実な手術になるように心がけております
続発性副甲状腺機能亢進症におきましても、内科的治療抵抗性などの手術適応症例では、確実な治療効果を目指して手術いたします。

サイトマップ(サイト内ページ一覧)

個人情報の取扱いについて

▲上に戻る

▼サイトマップ