産婦人科

※なお、公開されている情報は一次審査を通過した時点のものであり、二次審査の結果を踏まえ修正・変更が生じる場合がありますので、ご了承願います。

プログラム名

  • 岩手県立中央病院産婦人科専門研修プログラム

募集定員

  • 5名

研修期間

  • 3年間 

研修プログラムの概要

  • 基幹施設である岩手県立中央病院ならびに岩手医科大学附属病院もしくは岩手県内の連携施設にて2ヶ月~1年ごとのローテートが基本。

■基幹施設(岩手県立中央病院)での研修 婦人科悪性腫瘍および合併症妊娠や胎児異常、産科救急などを中心に研修し、3年間の研修期間のうち1年6ヶ月から2年間(少なくとも1年間)は基幹施設で最重症度の患者への最新の標準治療を研修する。 ■連携施設での研修 一般婦人科疾患および正常妊娠・分娩・産褥や正常新生児の管理を中心に研修。生殖医療については体外受精などの不妊治療を岩手医科大学附属病院で3-4ヶ月研修する。

研修施設群

基幹施設 岩手県立中央病院
連携施設 岩手県立大船渡病院、岩手県立宮古病院、岩手県立二戸病院、岩手医科大学附属病院

研修プログラム

産婦人科専門研修プログラム

サイトマップ(サイト内ページ一覧)

個人情報の取扱いについて

▲上に戻る

▼サイトマップ