初期臨床研修プログラム(ローテート表)

(1) 研修開始の4月にオリエンテーションを行う。基本的診察法、診療録の記載法など、すべての診療科に必要な医療技術と知識を習得する。また、院内各部門職種の業務を見学・実践し、当院のチーム医療の基本と全人的医療を体験するとともに、コメディカルとの協調性の基礎を築く。     

(2) オリエンテーションに続く12週を基幹科とする。期間中は一つの診療科に所属し、主に入院患者の担当医として、カルテの記載やコミュニケーションなど医師として必要な技術の修得に努める。基幹科は以下の14診療科から選択する。       

内科系: 呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、脳神経内科、血液内科、腎臓リウマチ科、総合診療科、糖尿病・内分泌内科             

外科系: 外科・消化器外科、呼吸器外科、脳神経外科、心臓血管外科、泌尿器科、整形外科              

(3)各研修プログラムについて

【一般プログラム:募集定員19名】  

2年間のローテート中、基幹科を含め、内科6ヶ月(オリエンテーション1ヶ月、ICU1か月、総合診療(外来研修)1ヶ月を含む)、外科2ヶ月、救急3ヶ月(麻酔科1ヶ月を含む)、小児科1か月、産婦人科1か月、精神科1か月、地域医療2ヶ月を必修とする。

                 

①基幹科で内科系を研修した者は、自由にローテーションできる10ヶ月のうち、外科系診療科から2ヶ月以上ローテーションすることを必須とする。       

②基幹科で外科系を研修した者は、自由にローテーションできる10ヶ月のうち、内科系診療科から3ヶ月以上ローテーションすることを必須とする。                            

(4) 地域医療の2ヶ月は、地域の小規模病院(県立高田病院、県立東和病院、県立千厩病院、八幡平市国民健康保険西根病院、国民健康保険葛巻病院を予定)の中から1病院に出向し研修を行う。(それぞれ地域医療プログラムあり)                   

(5) 2年次に地域保健・地域医療(短期)研修として、月1~2回程度の血液センターでの献血者検診業務等を行う。            

(6) 救急当直(1~3年次)研修は、1年次(2名)、2年次(1~2名)、3年次以上(2名)の屋根瓦方式とし、さらに脳神経・循環器・ICU・(小児科)の計8人(~10人)体制で指導にあたる。(週1回の当直と月に1回の日直)                    

(7) ローテートでの救急研修2ヶ月に加え、麻酔科での研修1ヶ月をもって厚生労働省の定める救急12週必須とする。                     

サイトマップ(サイト内ページ一覧)

個人情報の取扱いについて

▲上に戻る

▼サイトマップ