医科歯科連携

目的                                 

がん診療等の治療における合併症として、肺炎や口内炎などの口腔合併症があり、免疫力が低下した状態においてこれらが発症した場合、全身感染症の重大なリスクとなります。

 岩手県立中央病院では、口腔衛生の保持による治療の質の向上を目的として、歯科医療機関との連携による周術期等口腔機能管理を運用しております。

対象となる患者さん                          

以下のア、イ、ウいずれかの治療内容に該当し、原則として御自身で口腔清掃等が可能で、歯科医療機関の受診を希望する方。

 ア、がん等に係る手術

 イ、放射線治療又は化学療法

 ウ、緩和ケア

連携歯科医療機関                        

以下のア~エのいずれかに該当し、当院との連携に同意をいただいた歯科医療機関に対象患者さんを御紹介させていただきます。

ア、岩手県歯科医師会が実施するがん連携研修会を受講した歯科医療機関

イ、病院が開催した連携説明会に出席した歯科医療機関

 ウ、全国共通がん医科歯科連携講習会を受講した歯科医療機関

 エ、日本歯科医師会、全国共通がん医科歯科連携講習会を受講した歯科医療機関

運用の流れ                              

周術期等口腔機能管理の運用の流れ 

周術期等口腔機能管理算定フロー  

その他                                

・対象患者さんが歯科医療機関を受診せずに手術等の日を迎える場合も、当初の予定どおりに手術等は実施いたします。

・万が一、対象患者さんが入院中に緊急の歯科処置が必要となった場合は、当院歯科口腔外科で対処いたします。

・周術期口腔機能管理後手術加算の算定要件は、周術期等口腔機能管理料(Ⅰ)を算定後一ヶ月以内に全身麻酔による手術を実施した場合となっております。連携歯科医療機関様には、必ず計画書・報告書の写しを返送していただくようご協力お願いいたます。

様式ダウンロード                           

周術期等口腔機能管理計画書 

周術期等口腔機能管理報告書 

お問い合わせ先                             

岩手県立中央病院 地域医療福祉連携室

TEL:019-653-1151(代)

FAX:019-654-5052

サイトマップ(サイト内ページ一覧)

個人情報の取扱いについて

▲上に戻る

▼サイトマップ