麻酔科

スタッフの紹介

氏名 下田 栄彦(しもだ よしひこ)
役職名 中央手術部長、麻酔科長
出身大学(教室)・卒業年 岩手医科大学(岩手医科大学麻酔科)・昭和60年
所属学会・資格等 麻酔科標榜医(厚生労働省)、日本麻酔科学会(認定指導医・代議員)、日本蘇生学会(指導医・評議員)、日本心臓血管麻酔学会(認定指導医・評議員)、日本老年麻酔学会(指導医・評議員)、日本専門医機構(麻酔科専門医)
氏名 鈴木 道大(すずき みちひろ)
役職名 中央手術部次長
出身大学(教室)・卒業年 秋田大学・平成14年
所属学会・資格等 麻酔科標榜医(厚生労働省)、日本麻酔科学会(麻酔科認定医・麻酔科専門医)
氏名 吉田 ひろ子(よしだ ひろこ)
出身大学(教室)・卒業年 岩手医科大学(岩手医科大学麻酔科)・昭和59年
所属学会・資格等 麻酔科標榜医(厚生労働省)、日本麻酔科学会(麻酔科認定医・麻酔科専門医)、日本ペインクリニック学会、日本老年麻酔学会、日本臨床麻酔学会
氏名 鈴木 雅喜(すずき まさき)
出身大学(教室)・卒業年 岩手医科大学(岩手医科大学麻酔科)・昭和61年
所属学会・資格等 麻酔科標榜医(厚生労働省)、日本麻酔科学会(麻酔科認定医・麻酔科専門医・麻酔科指導医)
氏名 布川 雅樹(ぬのかわ まさき)
出身大学(教室)・卒業年 岩手医科大学(岩手医科大学麻酔科)・平成9年
所属学会・資格等 麻酔科標榜医(厚生労働省)、JB-POT(日本周術期経食道心エコー認定)
氏名 鈴木 桂子(すずき けいこ)
出身大学(教室)・卒業年 岩手医科大学(岩手医科大学麻酔科)・平成9年
所属学会・資格等

麻酔科標榜医(厚生労働省)、日本麻酔科学会(麻酔科認定医)、日本臨床麻酔学会、日本産科麻酔学会、日本心臓血管麻酔学会、日本区域麻酔学会

氏名 三輪 明子(みわ あきこ)
出身大学(教室)・卒業年 東北大学・平成18年
所属学会・資格等 麻酔科標榜医(厚生労働省)、日本麻酔科学会(麻酔科認定医・麻酔科専門医)、日本心臓血管麻酔学会(心臓血管麻酔専門医)、JB-POT(日本周術期経食道心エコー認定)、日本臨床麻酔学会
氏名 中野 美紀(なかの みき)
出身大学(教室)・卒業年 自治医科大学・平成19年
所属学会・資格等

麻酔科標榜医(厚生労働省)、日本麻酔科学会(麻酔科認定医・麻酔科専門医)、日本心臓血管麻酔学会、JB-POT(日本周術期経食道心エコー認定)

氏名 吉村 真弓(よしむら まゆみ)
出身大学(教室)・卒業年 岩手医科大学・平成26年
所属学会・資格等 麻酔科標榜医(厚生労働省)、日本麻酔科学会(麻酔科認定医)、日本心臓血管麻酔学会
氏名 角地 浩明(かくち こうめい)
出身大学(教室)・卒業年 福島県立医科大学・平成28年
所属学会・資格等 日本麻酔科学会
氏名 村上 輔(むらかみ たすく)
出身大学(教室)・卒業年 秋田大学・平成28年
所属学会・資格等 日本麻酔科学会、日本心臓血管麻酔学会、麻酔科標榜医(厚生労働省)
氏名 及川 健人(おいかわ けんと)
出身大学(教室)・卒業年 岩手医科大学・平成31年
所属学会・資格等 日本麻酔科学会

診療内容

近年、手術室で使われる患者さんのためのモニターは、急激な進歩を遂げました。経皮的酸素飽和度計、呼吸炭酸ガスモニター、BISモニター等の出現によって、麻酔中の患者さんに関する多くの生体情報がリアルタイムで得られるようになり、患者さんの安全確保レベルは急上昇しています。

昔は麻酔科医、外科医、看護師だけの手術室でしたが、様々なモニターや手術器機を管理する技術をもった臨床工学技師(CE)、薬品を管理するための薬剤師、部屋を効率よく使用するための看護補助者、医療事務を適切に行うための医療クラークなどの専門職が加わって、様々な職種のエキスパートが中央手術部な集まっています。

2020年4月、コロナ禍により緊急事態宣言が出されたため、院内空床確保・スタッフ確保・コロナ対応用手術室確保などの目的で、手術室稼働を一部制限しました。そのため、例年より400例ほど手術症例が減り、5,407例の手術件数にとどまりました。麻酔科管理症例は4,203例、内訳は全身麻酔(区域麻酔併用含む)3,904例と区域麻酔単独299例でした。麻酔科管理の約14%(603例)が緊急手術対応でした。

2021年2月からは手術制限を解除し、4月からはハイブリッド手術室使用が開始となり、従来の12室運用に戻りました。

麻酔科医の最大の使命は、患者さんの安全管理です。安全な手術が受けられる様に、入院前から様々な準備を行う周術期外来、手術前のデータチェック、外科医とのカンファランス、必要時には専門科への紹介や相談、患者さんとの面談など、十分な準備をして麻酔に臨みます。患者さんの状態を評価したうえで、手術術式や手術内容によって麻酔方法を選択します。

新生児から高齢者まで、手術中の痛みをとり、手術に伴う身体的・精神的苦痛を最小限にするように麻酔管理しています。刻々と変化する患者さんのバイタルサインに迅速に対応しながら、手術侵襲から患者さんを守るのが、麻酔科医の役割です。

麻酔前には、十分なインフォームドコンセントを心掛けております。手術中はもちろんですが、手術後も患者さんが快適に過ごせるように硬膜外鎮痛、鎮痛薬の持続静注の自己調節鎮痛(PCA:patient controlled analgesia)
やエコー透視下の神経ブロックも行っています。

手術を受けられる患者さんにとって最適の環境であるように、麻酔科医のみならず、関係者すべてが一丸となって昼夜努力を重ねています。

サイトマップ(サイト内ページ一覧)

個人情報の取扱いについて

▲上に戻る

▼サイトマップ